ゼロエネ住宅の仕組み

ゼロミッケの最大の特長は、ゼロエネ住宅であることです。ゼロエネ住宅とは、「創るエネルギー」をできるだけ多くし、「使うエネルギー」をできるだけ少なくすることで、家で使うエネルギー(電気・ガス)をゼロにできる住宅です。ゼロミッケは、住まいの断熱・気密性能を向上させ、多彩なエコ技術で「省エネ化」をはかり、わが家で使うエネルギーを減らします。それでも使わなければならないエネルギーは太陽光発電で「創エネ」してカバーします。その結果、ゼロエネルギーが実現するのです。

ソーラーパネルを載せただけの住宅とは違います。

ゼロエネ住宅は、これからの主流となる家づくりです。けれど、ただ太陽光発電システムを載せるだけではゼロエネ住宅にはなりません。省エネルギー基準(平成25年1月公布)に基づく認定プログラムによって算出された一次エネルギー消費量が、ゼロ以下にならなければなりません。ゼロミッケの場合、住まいの断熱・気密性能を向上させ、多彩なエコ技術で「省エネ化」をはかり、わが家で使うエネルギーを減らします。それでも使わなければならないエネルギーは太陽光発電で「創エネ」してカバーします。その結果、家で使うエネルギー(電気・ガス)をゼロにできると検証された住宅なのです。

エネルギー表

光熱費をマイナスにすることも夢ではありません。

ゼロエネ住宅のゼロミッケに暮らすと、今まで当たり前に必要だった光熱費をゼロ※1にすることが可能です。その上、ゼロミッケの光熱費を減らすチカラは、日々の暮らし方によってさらに引き出すことができます。家族がみんなで省エネを心がければ光熱費をマイナスにすることも夢ではありません。浮いた光熱費を、住宅ローンの返済にあてれば、住まいにかかる月々の費用を抑え、家計負担を軽くすることができます。また、家族旅行や教育費の積み立て、保険の加入などにまわしてもいいでしょう。

※1:ゼロミッケの企画プランに対し、平成25年1月公布の省エネルギー基準の告示を元に、独立行政法人建築研究所が公開している「住宅・住戸の省エネルギー性能の判定プログラム」によって一次エネルギー消費量を算出し、そのエネルギー消費量(電気・ガス)をもとに当社が光熱費を計算したものです。また、太陽光発電システムによる発電量は、太陽光パネルメーカーの発電予測値を参照しており、余剰電力の買取価格は、38円/kWh(10年間)としております。建設場所は静岡市葵区にて計算を行っています。プランの変更や家族構成、建設地域により条件が変更になる場合はこの限りではありません。本計算は「住宅・住戸の省エネルギー性能の判定プログラム」に準拠した結果であり、それを超えるエネルギー消費量及び光熱費まで保証するものではありません。光熱費(電気・ガス)には、設備機器等の改修、取替え費用は含まれておりません。


ゼロミッケ生活のエネルギー使用量≦0

ゼロミッケは「太陽光発電システム」で電気を創りますが、それだけではありません。高い断熱性能や南側の軒を深くとるなどの工夫で冷暖房負荷を減らし、「LED照明」で照明エネルギーを減らし、「エコジョーズ」で給湯エネルギーを減らします。そうしたさまざまな先進技術や住まいの知恵を組み合わせてゼロエネルギーを可能にした家です。

ゼロミッケVS従来型住宅年間光熱費を比べてみる|1年間の光熱費比較

ゼロミッケ・モデルプラン(S-4)の場合

■使うエネルギー(年間)

  暖房 冷房 照明 換気 給湯 その他家電等 TOTAL
ゼロミッケ(S-4) 10.8GJ 3.2GJ 5.5GJ 4.0GJ 18.4GJ 20.5GJ 62.3GJ
省エネ基準住宅 12.2GJ 3.5GJ 8.8GJ 3.9GJ 23.6GJ 22.8GJ 74.9GJ

■創るエネルギー(年間)

  太陽光発電
ゼロミッケ(S-4) 64.9GJ
省エネ基準住宅 0.0GJ

■一次エネルギー(石油・石炭など)消費量の比較(単位:GJ)
■ギガジュール(GJ)とは?
ギガ(giga)は10億。ジュール(joule)はエネルギー・仕事量・熱量の国際単位。

一次エネルギーの算出条件
※「ゼロミッケ」の一次エネルギー消費量並びに「省エネ基準住宅」の一次エネルギー消費量は、ゼロミッケの企画プランに対し、平成25年1月公布の省エネルギー基準の告示を元に、独立行政法人建築研究所が公開している「住宅・住戸の省エネルギー性能の判定プログラム」によって一次エネルギー消費量を算出し、そのエネルギー消費量(電気・ガス)をもとに当社が光熱費を計算したものです。また、太陽光発電システムによる発電量は、太陽光パネルメーカーの発電予測値を参照しており、余剰電力の買取価格は、38円/kWh(10年間)としております。建設場所は静岡市葵区にて計算を行っています。プランの変更や家族構成、建設地域により条件が変更になる場合はこの限りではありません。本計算は「住宅・住戸の省エネルギー性能の判定プログラム」に準拠した結果であり、それを超えるエネルギー消費量及び光熱費まで保証するものではありません。光熱費(電気・ガス)には、設備機器等の改修、取替え費用は含まれておりません。

ゼロミケの環境評価

ゼロエネルギーを実現するために「省エネ」と「創エネ」を徹底的に追求したゼロミッケは、「認定低炭素住宅」といった非常にハードルの高い、新しい環境基準をクリア(自己評価)しています。また、長期優良住宅の認定基準も自己評価しており、地球環境へのやさしさをさまざまな角度から総合的に強化した住まいです。

長期優良住宅の認定基準クリア|ゼロミッケは[耐震性][劣化対策][維持管理の対策][省エネルギー性] この4つの全ての認定基準をクリアしています。 良質な住宅ストックを普及させ未来の世代にも継承することができる住まいです。
※本性能は国土交通省告示に基づき、TOKAIが一定の条件を想定した上で設計評価したものです。
※プランや建設地域によって性能等級が変わりますので、契約時にご確認ください。
低炭素住宅の認定基準クリア|ゼロミッケは、国が定めた一次エネルギー消費量の基準値よりさらに10%以上エネルギー消費量を抑えた「認定低炭素住宅」に適合した住まい(自己評価)です。国も認める、本格的な省エネ仕様のエコ住宅として、税金や金利の優遇措置を受けることができます。詳しくは担当スタッフにお尋ねください。
※全プランにおいて「一次エネルギー消費量算出」及び「光熱費(電気・ガス)のシミュレーションを実施しています。

TOKAIの総合力からゼロエネ住宅

TOKAIグループはエネルギー事業を原点に、情報通信事業、アクア事業、そして住宅関連事業も多彩に展開しています。トータルライフコンシェルジュとして、お客様の暮らしに「安心・安全」「便利・快適」「喜び・生きがい」を提供しています。その総合力の結晶として生まれたのがTOKAIゼロエネ住宅です。 今後も「LCCM住宅」などの構想を実現していきます。ご期待ください。

TOKAIグループのサイトはこちら
  • コンセプト
  • モデルプラン
  • ゼロエネの仕組み
  • 光熱費≒0
  • 価格と返済
  • 設備・仕様
  • 工法・アフター
  • 間取りプラン集
  • 自己編集(リメイク)
  • モデルハウス一覧
  • お問い合わせ資料請求

  • 30代、アパート暮らしの私たちが、これからの35年を考えてみた。
  • 35年返済をラクにするのは、どんな家なのか考えてみた。
  • 返済中でも気軽に、間取り変更できる家を考えてみた。

モデルハウスPHOTOギャラリー