省エネ住宅 センティーレ|静岡の注文住宅・新築住宅 TOKAIの住まい

センティーレを支える基本構造

耐震×制震ダブルセイフという新概念

GVA

耐震×制震:相乗効果が産んだ新たなディフェンス性能

自由設計の愉しみは、より大きな安心・安全の上に成り立つもの。
家族でつくったお気に入りの家が末長くあるために、頼りがいある存在であるために、
TOKAIは制震装置「GVA:ジーバ」を標準装備しました。耐震×制震・ダブルセイフによる至高の安心を皆様にお届けします。

制震装置が建物の揺れを「1/2以下」に低減

地震エネルギーを吸収し、建物の揺れを抑える制震装置「GVA:ジーバ」。
「ダブルセイフ工法」における制震装置は、震度7クラスの大地震から受ける建物の揺れを「1/2以下」にまで低減します。これにより、地震による構造躯体への衝撃を大幅に軽減。
建物へのダメージを最小限に抑えます。

「耐震×制震」なら繰り返しの大地震にも安心

TOKAI基準の耐震構造は阪神淡路大震災クラスの大地震にも有効です。
しかし、一度大きな衝撃を受けた家は、一見無傷に見えても耐震構造にダメージを受けている可能性が有ります。
ダブルセイフ工法では「制震装置」により建物への衝撃が緩和されるため、その後の余震や別の大地震に見舞われた場合でも、耐震効果が失われる危険性を大幅に軽減できます。

SAFE-1:屋根・壁・床に張り巡らされた「耐震パネル」がつくる「丈夫な箱」

高強度な柱、そして梁によって構成される立体に耐震パネルを張り巡らせ、屋根、外壁、
そして床からなる「箱」を形成。地震による衝撃を「面」に分散し、
柱や梁などの主要構造へのダメージを回避します。

屋根・壁・床に張り巡らされた「耐震パネル」がつくる「丈夫な箱」

SAFE-2:超高層ビルの制震で実績を誇る制震装置「GVA:ジーバ」搭載

GVA:ジーバ イメージ図

地震の揺れを「熱に換えて吸収する高効率制震GVA:ジーバ」建物の変形はGVAのトルクロッドを介しGVAダンパーに伝わります。GVAダンパ−内には超高層ビル等の制震技術として定評のある「VEM」と呼ばれる、アクリル樹脂の一種であるゴム状の物質が装填され、ダンパーが左右に振動することで、地震エネルギーを吸収し、建物の変形にブレーキをかけます。


GVAジーバ:V字状のトルクロッドから伝えられた地震エネルギーによって下部のダンパーが左右に振動。その振動を粘弾性体「VEM」が熱に換え地震エネルギーを吸収します。

制震装置GVA実験映像

住まいの品質を決定づける「基礎」にこだわります

イメージパース

TOKAIは建物の重さを面で支え、荷重を分散させるコンクリートベタ基礎を採用。
地面全面に湿気を遮る防湿フィルムを敷き詰め、地面からの水蒸気についても考慮。
その上に厚さ170mmの鉄筋コンクリート(ダブル配筋の場合は200mm厚)を打設。
基礎幅150mmの立ち上がりと一体化することで強固な基礎構造を実現しています。また、土台には湿気に強く、害虫を寄せつけにくい米ヒバ集成材を使用しています。
着工前には必ず細密な敷地の地盤調査を行い、ダブル配筋の採用や地盤改良など建物の重さを確実に支える、適切な基礎の仕様をご提案いたします。

エンジニアリングウッド、T-SBメタル染受金属、T-SBメタル桂脚・桂頭金

「品質一定」信頼性が違うエンジニアリングウッド

エンジニアリングウッドは材料強度が明確に表記された加工木材。割れや床鳴りの原因となる収縮を防ぐため、適正な水分量まで乾燥。強度試験を通過した板をフィンガージョイントで噛み合わせ集成し生産された、強度も品質の均一性も申し分ない木材です。 TOKAIでは、柱・梁にはこの品質が一定で高強度、そして耐久性・耐火性に優れた「エンジニアリングウッド」を採用しています。

接合部に「T-SBメタル×メタルジョイント工法」

TOKAIでは木造住宅のウイークポイントでもある接合部分を徹底的に強化。柱や梁などの主要構造部の接合部に、高強度接合金物「T-SBメタル」による「メタルジョイント工法」を採用。
木材の乾燥収縮による接合部の緩みがなく堅牢な構造躯体を長期にわたりキープします。
将来のリフォーム需要にも対応する仕様です。